ダイエットについて学ぶ

摂取カロリーと消費カロリーが基本

ダイエットのためにはカロリー計算が欠かせません

食べ物や運動の量を表すのによく「カロリー」という単位が使われますが、これはエネルギーの量のこと。
1カロリー(cal)は水1グラムを1℃上げるのに必要なエネルギー量です。
1キロカロリー(kcal)だと1000カロリーになります。

人はなぜ太ってしまうのか?

人が太ってしまうのは身体に取り込んだ「摂取カロリー」を、「消費カロリー」としてすべて使いきれていないからです。
消費されずに余ったカロリーは体内に蓄えられてしまいます。
身体の中でも特に腰まわりや太ももなどに脂肪として残ってしまうのです。

摂取カロリー - 消費カロリー = 脂肪

というわけです。
ですから、ダイエットのためには消費カロリーを摂取カロリーよりも多くすればいいのです。
消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、体内に蓄えられていた脂肪が燃やされてエネルギーとして使用されます。

消費カロリーの計算方法

カロリーはなにか特別な運動などをしなくても、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、
ただ生きているだけでも日々消費されていきます。
この消費カロリーは「基礎代謝量」といい、1日の平均は約1200kcalと言われています。

しかし、私たち人間は日々ただ呼吸をしているだけでなく、さまざまな活動をしていますので、
実際の1日の消費カロリーはこれよりもずっと多くなります。
次の公式でそのおおまかな量を知ることができます。

体重(kg) × 30 = 1日の消費カロリー

ただ、これで出る数値というのはもちろんおおまかな目安であって、実際には個人差が非常に大きくあります。
ふだんからスポーツをしているか、オフィスワークか肉体労働かなどによって大きく変わります。

目標とする体重で計算する

それではダイエットのためにはどうすればいいのでしょうか?
それは目標とする体重の消費カロリーを計算し、摂取カロリーがそれを上回らないようにすればいいのです。
たとえば、50kgを目標とする場合、上の公式にあてはめると1日の消費カロリーは1500kcalになります。
そのため、ダイエットでは摂取カロリーがこれを上回らないようにします。
これならば時間はかかっても確実に痩せていくことができ、目標体重になったところで減量もストップします。

ダイエットについて学ぶの関連記事

ダイエットサプリメント

ダイエットサプリ徹底比較

  • Cutcut体験レポート

    cutcut-01ダイエットサプリを始める前の私 自称「ダイエットのオニ!」 身長165cmに対して体重が58~64Kgを行った ...

ダイエット診断