おすすめのダイエット方法

炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエットはハリウッド女優も実践しています

炭水化物ダイエットというのはロバート・アトキンス博士によって考案されたダイエット法です。
アメリカのハリウッド女優たちが実践して成功したことから、日本でもちょっとした話題になりました。

その方法はご飯や麺類など1日に摂取する炭水化物の量を200~300gから20~40gへと極端に減らすというものです。
その痩せるメカニズムについて簡単に説明していきましょう。

炭水化物ダイエットの痩せるメカニズムとは?

食事からとれるエネルギー源には主に炭水化物、たんぱく質、脂質の3つがあります。
このうち、もっとも体に吸収されやすいのは炭水化物で、吸収されたときに血糖値を急激に上げてしまいます。
これを下げるために分泌されるのがインシュリンというホルモンです。
このホルモンは血中の糖分を脂肪として取り込むことによって血糖値を下げるので、多く分泌されるほど体には脂肪がついてしまいます。

そこで摂取する炭水化物の量を減らすと、すい臓からグルカゴンというホルモンが分泌されるようになります。
このホルモンは余分な脂肪を燃やしてエネルギーとして使ってくれます。
ですので、体内の炭水化物の量を常に不足させておくことによって痩せやすい体質にすることができるのです。
これがこのダイエット法の理論です。

効果を出すためのポイント

この炭水化物ダイエットの効果を短期間で出すためには次のようなことがポイントになります。

ご飯は茶碗半分くらいまで

ご飯は茶碗の半分くらいまで、食パンだったら6枚切りのものを1枚までです。
ラーメンやパスタなどは具でカロリーが高くなってしまうのでなるべく避けましょう。
おかずのカロリーにも気をつけてください

食べる時間を決める

朝、昼、晩の3食、毎日同じ時間に食べるようにしましょう。
間食や夜8時以降も食べないようにしてください。

最近の調査でリスクがあることが判明

しかし、この炭水化物ダイエット、最近の調査でさまざまなリスクがあることがわかってきました。
「炭水化物ダイエットは危険!」のページで、このダイエット法のリスクについて詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

おすすめのダイエット方法の関連記事

ダイエットサプリメント

ダイエットサプリ徹底比較

  • Cutcut体験レポート

    cutcut-01ダイエットサプリを始める前の私 自称「ダイエットのオニ!」 身長165cmに対して体重が58~64Kgを行った ...

ダイエット診断